外壁塗り替え手抜き工事はこうやって行われる

外壁塗り替えの手抜き工事はこうやって行われる

 

手抜き工事

 

 

外壁塗装を依頼したいけれど、よく聞く

 

手抜き工事が気になる

 

 

もし自分がそのような被害にあってしまったらどうしよう、と考えてしまいますよね。

 

その気持ち、めっちゃ分かります!自分もそうでしたから!

 

 

それでここでは、悪質な業者が行なう手抜き工事のやり方を暴露します!

 

ここでしっかり勉強して手抜き工事の被害に遭わないようにしてくださいね!

 

 

外壁塗装というのは実は手抜きをしようと思えばどれだけでも手を抜くことが可能なんですわ。悲しいね…

 

外壁塗り替えは様々な工程によって作り上げて行く為、他の工事に比べるとどうしてもその内容が分かりにくくなっています。

 

ただ、外壁塗装や外壁塗り替えの場合にどの様な事をすると手抜き工事なのかを見破る方法は有ります!

 

 

これが外壁塗装の手抜き工事のやり方だ!

 

先ず一つは、従来の足場を設置せずに塗装工事を行ってしまうというやり方です。

 

本来は正しく足場を組んで工事を行う事で、隅々まで塗装を行う事が出来ますが、簡易的な足場となると、細部の塗装が難しくなってしまうね。

 

足場を簡易的にするのは足場代の節約の目的ですが、これによって塗装が万遍なく行えなくなると、塗膜本来の効果を発揮し辛くなってしまいます。

 

 

足場を簡易なものにして費用を浮かす!

 

 

また足場のシート養生を行わない業者も手抜き工事を行うかどうか見破る基準となるんやで。足場、もしくは足場のシートを簡易的にしていたり全く行わない場合、業者の利益を多く得ようと考えている可能性があるという訳やね。

 

手抜き工事

 

 

また外壁塗装をする場合は窓やフード等に塗料を付着させたくない為、予めきれいに養生してから塗装作業を行います。しかしその工程をしっかりと行うとその分の費用がかさんでしまう為、中には適用な養生で作業を勧めてしまう業者も存在しているんやね。

 

 

養生をいい加減なやり方でする!

 

足場と養生で手抜きをするというやり方について、紹介しましたが、足場はしっかりと組んでいて、さらに養生もしっかりとしていても手抜き工事を行う事は可能なんやね。他にもどんな方法で手抜き工事があるか、さらに見ていくで!

他にもこうやって行われる悪質業者の手抜き工事

 

他にも手抜き工事のやり方の一つが塗料を勝手に安価なものに替えてしまうことなんや。

 

業者が手抜きを行うのは利益をより多くしようとすることが目的となっているんやけど、塗料を安くする事で原価を抑えることが出来ます。もちろん塗装は丁寧に行われているので仕上がりを見て判断る事は分かりにくく、見破りにくいのが実際の所です。

 

塗料を安い物に勝手に変える!

 

 

ただ、見た目である程度判断する事が出来るものも有ります。

 

例えば外壁の塗装を予め丁寧に行っているかどうかと言う事も判断する基準です。通常塗装を行う場合は出来るだけ壁面を綺麗に高圧洗浄することが鉄則ですが、きれいに洗おうとすると1日程度は洗浄に時間が必要です。

 

その為、その作業自体を省略してしまったり、適当に行ってしまい作業を進めてしまうケースも少なくないんやで。

 

 

手抜き工事

 

 

さらに洗浄しても下地処理をしていない場合もあります。これらの場合は塗装をしても塗膜の密着度が低くなってしまうだけでなく、塗膜が凸凹になってしまい見た目が悪くなる可能性も出てきてしまうんやね。

 

高圧洗浄や下地処理をいい加減にする!

 

 

どうやろうか?悪徳な業者は基本的にこんな方法で、手抜き工事をやってるんやで。これ以外にも手抜き工事の方法、そして見破る方法は有りますが、まずは最低限の条件が守られているかどうかをしっかりとチェックして手抜き工事を見破りましょう!

 

そして何よりも肝心なのは、そのような手抜き工事をする可能性があるような質の悪い業者に依頼しないこと!

 

そのためには個人的に近くの塗装業者に依頼するのではなく、信頼できる業者だけを紹介してくれる外壁塗装の一括見積もりサイトを利用することが安心やと思うで!

 

 

 

兵庫県の外壁塗装−専門の塗り替え会社の無料一括お見積もり!TOPページへ