外壁塗り替えー塗料の基本ー

外壁塗り替え 塗料の基本をまず知ろう!

 

塗料の種類

 

 

外壁の塗り替えをするにあたって、塗料の種類についてもしっかりと検討せんとあかんで!

 

塗料はほんまにたくさんの種類があるんやけど、外壁塗り替えの時にはどれか一つを選ぶ必要があります。

 

外壁塗装にあまり詳しくないうちら素人がその中の一つを選ぶのはかなり困難で、それぞれの違いが分からなければ一番安いものをついつい選んでしまうかもしれへん。

 

せやからまずはどんな基本的な酒類があるんかを、予備知識として学んでいきまっせ!

 

 

外壁塗り替えの塗料の種類 −シリコン系塗料−

 

まずシリコン系塗料や。これは現在日本で一番利用されていると言われています。

 

シリコン系の塗料は、素材が柔らかく耐候性があるのが大きな特徴や。せやから、長期間にわたって使用し続けることができるという点が魅力的やね。

 

耐用年数はおよそ12年から15年ほどになっていて、他の種類の比較の中で見れば耐用年数が長い方と言えるんやで。

 

また、一昔前に比べると塗料を安く手に入れることができるようになっていて、1平方メートル当たりの金額がおよそ3000円ほど。

 

このシリコン系塗料に比べるともっと安いものもありますが、耐用年数のことを考えれば一番費用対効果が高いと言えるんやで。

 

 

一番のおすすめはシリコン系塗料!

 

塗料の種類

 

外壁塗り替えの塗料の種類 −ウレタン系−

 

次に人気があるのはウレタン系塗料になります。このウレタン系の魅力は粘着力がありサイディングでもモルタルの壁でもどこでも利用することができる点ですわ。結果的に利用頻度が高くなっているのがポイントと言えるね。

 

1平方メートル当たりの料金はおよそ2500円ぐらいになります。

 

また耐用年数は10年から12年ほどになります。

 

シリコン系よりも1平方メートルの単価は安いんやけど、耐久年数が少し落ちるんやね。

 

せやから、シリコン系よりは若干費用対効果が高くはないですが、ほかの種類に比べるとお得感は高いですね。

 

 

塗料の種類

外壁塗り替えの塗料の種類 −フッ素系塗料−

高品質な種類にはフッ素系というものがありますね。ビルやマンションなども高い建物に塗られているものが多んいですわ。

 

フッ素系の特徴は、耐用年数が非常に長く20年以上使うことができるんやね。20年ってほんまに長いねー!

 

高い建物に利用されていることが多い理由は、一度塗装をすると20年ぐらいは再び塗装をしなくてよいため、塗装をする頻度が少なくて済むからです。

 

高い建物の場合、一回と塗装をすると、足場の設置やシートも設置などで100万円以上はかかってしまうことが多いですので、可能な限り塗装する頻度が少ない方が金銭的な出費が少なくなるっちゅう訳やね。

 

 

それ以外の高性能なものとしては、断熱系というのがあるんやで。断熱系の特徴は、冬場は温かく夏場は外の紫外線をシャットアウトするため部屋の中が涼しい状態を維持することができる点です。

 

特に冬場は部屋の中の温度が温かい点は非常に大きな魅力といえ、暖房代を節約できるため毎月の光熱費を大幅に抑えることができるメリットがあります。

 

 

これがざっとやけど、一般的に使われている外壁塗り替えのための塗料の種類やで。
価格や耐久年数などそれぞれの特徴があるんで、自分の家にぴったり合うものをしっかり選ぶようにしてくださいね!

 

 

 

兵庫県の外壁塗装−専門の塗り替え会社の無料一括お見積もり!TOPページへ